台風19号災害 被災地支援について
2019.10.18
10月12日から13日にかけて北上した台風19号により、東海地方、関東地方、信州地方、東北地方等を始めとする広域にわたり、記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が各地で発生しました。
この災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。

被災地域では、災害ボランティアセンターが開設され始め、現在は、被災地域近隣の方を中心としたボランティア募集が進められています。
良かれと思って被災地域に自分自身の都合で駆けつけることは、返って被災地域を混乱させることに繋がります。しっかりと情報を収集して、把握してから動いて下さい。
【被災地域にボランティア活動に出向く場合】
・まずは、 被災地の社会福祉協議会のホームページやFacebookページを確認して下さい。

全社協被災地支援・災害ボランティア情報

状況の変化により、ボランティアの受け入れ状況など更新されますので確認が必要です。

【ボランティア保険の手続き】
・必ず被災地に出向く前に ボランティア保険や共済の手続きを、出発される地元の社会福祉協議会で済ませて下さい。被災地の災害ボランティアセンターでの保険加入手続きをすることは、被災地の災害ボランティアセンターの事務仕事を増やすことに繋がります。出発前の手続きをお願いします。

【高速道路無料手続き】
従来は、出発地の自治体の危機管理部局で手続きをする必要がありましたが、NEXCO各社のホームページから必要書類をダウンロードし記入し通行時に使用し、帰路は現地の災害ボラセンで確認印の押印を受ける必要があります。
詳細は、下記でご確認下さい。

NEXCO

【被災地から離れていてもできること】

【義援金、支援金】
寄付をしたいという声が窓口に寄せられています。一般に地震に比べて水害は義援金支援金ともに少なくなる傾向があります。
この度の災害は被災者数も多く広範囲に及んでいることから
どの被災地でも良いという寄付者にも対応できるように義援金、支援金がスタートしました。
被災地でのボランティア活動を支援する募金は・・・詳しくは

中央共同募金会

現在、募集されている義援金は

中央共同募金会 台風19号義援金

【救援物資・支援物資について】
現時点で救援物資や支援物資の募集はありません。
今までの大規模災害においても、救援物資や支援物資は募集の情報は拡散されるのは早いのですが、充足したという情報は拡散されるのが遅く、行き場のない物資の保管場所に困るという現実があります。
不要な支援物資は送らないように心掛けましょう。
近年の災害では、被災地のニーズに応じた「amazonほしいものリスト」や「スマートサプライ」を公開する場合がありますので、情報を確認して下さい。
2019.10.18 19:22 | 固定リンク | お知らせ
障がい者啓発研修会 延期のお知らせ
2019.10.10
10月12日(土)に開催を予定していました「障がい者啓発研修会」については、台風19号の接近に伴い暴風雨が予想され、来場される皆様の安全面を考慮し、開催を延期することを決定しましたので、ご了承下さい。
改めて、開催日等が決まり次第お知らせします。
2019.10.10 17:20 | 固定リンク | お知らせ
加古川市総合福祉会館8月15日の閉館時間について
2019.08.15
 加古川市総合福祉会館については、台風10号の接近に伴い、本日8月15日は17時15分に時間を繰り上げて閉館いたします。
2019.08.15 16:10 | 固定リンク | お知らせ
(臨時休館について)加古川市総合福祉会館からのお知らせです
2019.08.14
 8月14日夜~8月16日未明にかけて、加古川市においても台風10号の影響が出ると予想されています。
加古川市総合福祉会館では、大雨・暴風・洪水の警報発令時は、利用者の安全を確保するため、臨時休館となる場合があります。
 また、警報解除後においても、加古川市総合福祉会館の運営に支障をきたすような物的・人的被害があった場合は、臨時休館することがあります。
 大変お手数をおかけしますが、8月15日、16日に加古川市総合福祉会館に御用の方は、事前にお電話等でお問合せ頂きますよう、ご理解ご協力をお願い申しあげます。
2019.08.14 09:34 | 固定リンク | お知らせ
加古川市社会福祉法人連絡協議会設立総会
2019.07.24
7月24日(水)、岡田康裕加古川市長、伊藤裕文東播磨県民局長にご臨席頂き、市内に法人本部を置く社会福祉法人35法人の参画のもと、兵庫県下では28番目となる法人連絡協議会として「加古川市社会福祉法人連絡協議会 設立総会」が開催されました。
総会後の記念講演では、県下で3番目に社会福祉法人連絡協議会(ほっとかへんネット)を設立し、法人相互の連携により先駆的な活動を実施されているほっとかへんネット丹波の澤村安由里会長より、「ほっとかへんネット設立の意義とその役割」と題してご講演頂きました。

社会福祉法人の本旨として「地域における公益的な取り組み」が義務化され、施設機能の開放、専門性の活用、持てる資源を生かした様々な地域貢献活動に率先して取り組み、地域社会に貢献することが求められる時代になっています。
このような中、社会福祉法人が連携して、情報交換や課題共有しながら、地域生活・福祉課題の解決を図ることを目的に「加古川市社会福祉法人連絡協議会」が設立されました。

加古川市社会福祉協議会も、一社会福祉法人でありますが、「社会福祉法人連絡協議会」の事務局として、運営に側面的に関わり、市内の社会福祉法人の繋ぎ役として参画していきます。
2019.07.24 21:47 | 固定リンク | お知らせ