加古川市社会福祉協議会

在宅生活支援

福祉サービス利用援助事業(日常生活自立支援事業)

福祉サービスを選んで契約することに不安な高齢者や障がいがある人が、安心して自宅で生活できるように支援しています。利用者本人の立場で、適切に福祉サービスが利用できるようにお手伝いしています。   

【支援内容】

  • 福祉サービスについての情報提供
  • 福祉サービス利用手続きや支払い
  • 公的書類の預かり(年金証書など)
  • 日常的な金銭管理のお手伝い など

【利用対象】

判断能力に不安があったり、適切な福祉サービスの契約や利用が困難な人(高齢者、知的障がい者、精神障がい者)

生活福祉資金貸付事業

他の貸付制度が利用できない低所得世帯、障がい者世帯、高齢者世帯の生活を経済的に支え、在宅福祉、社会参加を支援します。また、世帯の自立支援のために民生児童委員や社会福祉協議会職員が、さまざまな過程で 相談援助・助言しています。

  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 総合支援資金
  • 臨時特例つなぎ資金
  • 緊急小口資金
  • 不動産担保型生活資金
  • 要保護世帯向け不動産担保型生活資金

ふれあい移送サービス事業

移送手段を確保することが困難な車いすを使用している人に、医療、保健、福祉の利用のための移動手段として 移送サービスを実施しています。また、訪問時や車内での対話から、生活課題の把握に努めています。

  • 【利用対象】 在宅で車いすを使用している人(利用者登録が必要です)
  • 【利用時間】 午前9時~午後5時(土・日曜、祝祭日を除く)
  • 【利用範囲】 医療機関への通院・入退院・公共機関への手続きなど
  • 【運行範囲】 原則市内の医療機関及び公共機関 ※運転ボランティアの協力で運行しています。

車いす貸し出し

高齢者や療養中の人の在宅での日常生活をサポートする車いすを無料で貸し出しています。

  • 【利用対象】 加古川市内在住で、日常生活で車いすが必要な人
  • 【貸出期間】 3ヶ月以内(再申請により継続可)
  • 【申込方法】 所定の申請書に必要事項を記入し、担当地区の民生児童委員を通じて社協事務局へ
  • ※短期(2週間まで)の場合は、本人のみで申請できます。
  • ※介護保険を利用できる場合は、介護保険サービスの福祉機器貸与をご利用ください。

ふれあい訪問介護事業

介護が必要な一人暮らし高齢者や心身に障がいのある人が、住みなれた家庭で自立した生活を続けられるよう、介護保険法、障害者総合支援法に基づきヘルパーを派遣し、家事や介護を援助しています。