加古川市社会福祉協議会

交流の場づくり

ふれあいサロン運営支援

「ふれあいサロン」は、身近な地域の公民館や集会所などを会場に、参加者とボランティアが協力して運営する、楽しい仲間づくりの活動です。「ふれあいサロン」から生まれる地域住民の信頼関係は、同じ地域で安心して暮らすための大きな支えになります。
社協では、より多くの地域で「ふれあいサロン」の輪が広がり、継続した活動になっていけるよう、以下の支援をしています。    

 
  • 《支援内容》

  • サロン運営上の課題等への助言やアドバイス。
  • サロンが活用できる助成金情報など、定期的な情報の提供。
  • サロンを運営するボランティアを対象に、地域包括支援センター、市健康課と連携して、サロン運営に生かすための研修会(年1回)
  • サロン立ち上げを検討している地域からの相談や、立ち上げから運営環境が整うまでの期間(最長3年)、年間5万円を助成します。

★支援を受けるにあたっては、「支援・立ち上げ助成の手引き」に沿った活動であることが必要です。

地域福祉活動リーダー(担い手)養成

福祉教育推進員活動の支援と活性化 (市教育委員会との協働事業)

社会福祉協議会では、住民の抱える福祉ニーズが高まる中、市民一人ひとりに福祉の心の浸透をはかることと、地域ぐるみで連帯する福祉コミュニティ推進の核となる人材として、昭和54年より各町内会に「福祉教育推進員」を設置しています。
 近年、「福祉教育推進員」の地域での役割があいまいになってきていることなどから、改めて各公民館エリアで「福祉教育推進委員研修会」を開催し、役割について確認し合うとともに、福祉コミュニティ形成についての取り組みをすすめています。